プチスケッチ

プチスケッチ:デパートの展示

大丸札幌の1階になぞなディスプレイが。和風を意識したのであろうが、休憩用の椅子に座るとすもうレスラーのディスプレイのお尻を眺めることになるという。受け入れるのに時間がかかるハイセンスな展示でした。 今回頑張ったのは手前に人を...
プチスケッチ

プチスケッチ:給湯室

前回のプチスケッチから6日ほど空いてしまい、スケッチブックを開くのが久しぶりでした。そのせいか、選んだ題材のせいか、今の自分には難しかったです。 一番の反省点は電子レンジの奥行きがおかしいこと。見たままに描こうとしないできち...
水彩覚書

水彩覚書:スウォッチカードを作ってみた

前回の記事でスウォッチカードを作ろうと思った経緯とスウォッチカード用のスタンプ作成について書きました。この記事では上記のスタンプを使って作ったスウォッチカードを紹介します。 私のスウォッチカードの紹介 スウォッチカード...
水彩覚書

水彩覚書番外編:スウォッチ用のスタンプをつくってみた

きっかけ Twitter の 画材研究タグ を見るのが好きなのですが、ある日、とても素敵な投稿を見つけました。 絵の具の情報がコンパクトにまとめられていてこんなすばらしいものがあったのかと感激。そして、このカードが...
雑記

雑記:セヌリエの水彩絵の具を買ってみた

イギリスの画材屋さん、Jackson's Art Supplies さんが水彩のセールをやっていたので喜んで見に行ってみたところ、お目当ての Daniel Smith は対象外。そこで以前から気になっていたセヌリエを使ってみようかと思って...
プチスケッチ

プチスケッチ:デザートのスケッチの時間を測ってみた

外食でデザート付きのセットを頼んだのでスケッチ。ふと、スケッチにどれくらいの時間をかけているのか知りたくなって、かかった時間を測ってみました。 デザートにもコーヒーにも手をつけずに線を引き、線を描き終わったところで8分経過。...
水彩覚書

水彩覚書番外編:万年筆の染料インクと顔料インク

以前読んだ本で、染料と顔料の違いは溶媒に溶解するか否かであり、染料は被染体と粒子ではなく分子状態で結合していると知りました。ところで、万年筆用のインクには染料インクと顔料インクがあり、顔料インクの方が耐水性に優れています。その点が水彩絵の...
プチスケッチ

プチスケッチ:ドーナツ

今回は気軽にミスドでお絵かき。数日前に万年筆用の顔料インクのブランセピアを買って、これまた新しく買った万年筆に入れて持ち歩いていたので、とにかく使ってみたかったのです。黒で線を描くよりも雰囲気がやわらかくなった気がするのですがどう...
雑記

雑記:アーバンスケッチャーズシンポジウム

昨日の23時過ぎにアーバンスケッチャーズシンポジウムのチケットを購入しました。 アーバンスケッチャーズシンポジウムとは何かというと、非営利団体であるアーバンスケッチャーズが運営するイベントで、年に1回行われます。その場で見たものを描...
プチスケッチ

プチスケッチ:雪まつり前日

今年のさっぽろ雪まつりが月曜日からなのは地元民は前日までに見ておいてねってことだと個人的には思っています。 今日の午後は4℃と暖かかったので、外でスケッチしてみました。外で立ったままのスケッチははじめての経験でした。人の目が...
スポンサーリンク